2016年11月07日

第37回山形県医学検査学会を終えて

P_20161106_094438.jpg

37回山形県医学検査学会(平成2811月5−6日)は盛況のうち終了いたしました。関係各位に感謝申し上げます。

 一般演題数43、特別講演、教育講演、ランチョンセミナー8題と盛りだくさんの内容でした。一般演題は43題と過去最高数がエントリーされ、その半数以上が若人世代です。学術に対する会員の皆さんの研鑽の表れと感激いたしました。本人はもとより指導・共同研究した先輩、同僚の皆様に大いなる敬意と深謝を申し上げます。

 本会場での質疑はもちろんのこと、場所を替えての質問コーナーでのディスカッションでの盛り上がりもすごいものでした。

 さて、学会学術賞は、山形大学医学部附属病院 樋口あすみ氏、若人奨励賞は、山形市立病院済生館 安達みゆき氏に決定いたしました。誠におめでとうございます。どの演題も充実した内容です。毎年の研鑽の積み重ねが窺え、全国学会への発表としても遜色ない内容です。受賞者は当然のこと、ぜひ論文にまとめていただき投稿されますようお願いいたします。

 学会内容はもちろんのこと、情報交換会での各地区との交流は山形県技師会の名物です。会員同士の交流を学術以外でも図れますよう、今後も継続していただきたいものです。

 来年は長井市(置賜地区担当)で開催されます。さらなる研究成果のエントリーを期待して御礼と致します。


山形県臨床検査技師会会長 居鶴一彦

posted by 山臨技レポート at 10:41| Comment(0) | 研修会レポート

2016年11月06日

第37回山形県医学検査学会

学会学術賞・若人奨励賞が決定しました。

学会学術賞
演題番号 6
 「尿沈渣検査におけるCT造影剤の影響について」 
       山形大学医学部付属病院  樋口 あすみ 様
若人奨励賞
 演題番号 15
 「脳梗塞急性期におけるFMCとDダイマー測定値による脳梗塞臨床病系分類の試み」
       山形市立病院 済生館  安達 みゆき 様

IMGP5402.JPG

おめでとうございます。

posted by 山臨技レポート at 08:49| Comment(0) | 日記