2018年01月25日

水沢腹堅 さまみずこおりつめる

沢の水に分厚い氷が張りつめるころ(125日〜29日ころ)。毎日、雪が降り続き最低気温の記録が聞かれる時期ですが、日照時間は少しずつ長くなっています。「氷柱つらら」の語源は「つらつら」の変化したものですが、清少納言は「水晶の滝」と詠んでいました。

大寒に入っていますが、寒の内の水は1年の内最も清らかで、酒や味噌の寒仕込みに使われてきました。寒の入りから九日目に汲んだ水は「寒九の水」といって飲めば長寿となります。まもなく新酒も出ますがね。o^^o

 

posted by 山臨技レポート at 11:12| Comment(0) | 研修会レポート

2018年01月22日

宮城県臨技創立75周年・法人化30周年記念式典

宮城県臨技創立75周年・法人化30周年記念式典(平成30120日:法華クラブ仙台)に参加いたしました。

来賓に宮城県知事、仙台市長はじめ宮島日臨技会長などをお迎えして盛大な式典・祝賀会となりました。宮城県臨技は、昭和19年に「宮城県細菌検査研究協議会」として設立され、昭和63年に法人化されています。山形県臨技より7年早い創立となっています。

 式典に先立ち、宮島日臨技会長から「日臨技会長が描く臨床検査の未来予想図」の記念講演がありました。昨年は医療法・臨床検査技師法の一部改正がありました。現在、さまざまな分野で臨床検査技師が求められてきています。

 さて、山形県臨技は2021年に創立70周年を迎えます。技師会そして個々人のますますの発展を望みたいものです。                                     山臨技会長 居鶴説明: 説明: C:\Users\PC80\Desktop\技師会\北日本支部\H29\宮城県臨技\P_20180120_174629.jpg説明: 説明: C:\Users\PC80\Desktop\技師会\北日本支部\H29\宮城県臨技\IMG_20180120_222812.jpg

===================================

(一社)山形県臨床検査技師会

会長(代表理事)

居鶴一彦 Kazuhiko Izuru

山形市立病院済生館 臨床検査室

990-8533 山形市七日町1-3-26

Tel023-625-5555 ext5251

Fax023-634-7155

===================================

posted by 山臨技レポート at 13:30| Comment(0) | 研修会レポート

2018年01月04日

慶春

明けましておめでとうございます。

本年も、よろしくお願い申し上げます。


平成30年4月には、診療報酬改定もあり医療業界はますます厳しい状況にあります。

臨床検査技師においても、昨年は医療法・臨床検査技師法の改定がありました。

国民に求められる医療職としての臨床検査技師が必要です。

山臨技としましても、会員各自の目標達成のための研修会講習会、また学会、論文投稿などのアウトカムも大事にしていきたいと思います。どうぞ、ご協力ください。


平成30年は庄内・最上地区が担当の総会、学会となります。

庄内・最上地区のみなさま、よろしくお願いいたします。


さて、平成29年度 山形県医療衛生功労の山形県知事表彰に、日本海総合病院の伊藤啓明さん、

山形大学医学部附属病院の奈良崎正俊さんが受賞されました。誠におめでとうございます。

お二人は、山臨技の理事および副会長として山形県の医療衛生について技師会を主体に活動されました。

今後のますますのご活躍を祈念申し上げます。


(一社)山形県臨床検査技師会

会長(代表理事)

居鶴一彦

posted by 山臨技レポート at 10:30| Comment(0) | 研修会レポート