2018年01月04日

慶春

明けましておめでとうございます。

本年も、よろしくお願い申し上げます。


平成30年4月には、診療報酬改定もあり医療業界はますます厳しい状況にあります。

臨床検査技師においても、昨年は医療法・臨床検査技師法の改定がありました。

国民に求められる医療職としての臨床検査技師が必要です。

山臨技としましても、会員各自の目標達成のための研修会講習会、また学会、論文投稿などのアウトカムも大事にしていきたいと思います。どうぞ、ご協力ください。


平成30年は庄内・最上地区が担当の総会、学会となります。

庄内・最上地区のみなさま、よろしくお願いいたします。


さて、平成29年度 山形県医療衛生功労の山形県知事表彰に、日本海総合病院の伊藤啓明さん、

山形大学医学部附属病院の奈良崎正俊さんが受賞されました。誠におめでとうございます。

お二人は、山臨技の理事および副会長として山形県の医療衛生について技師会を主体に活動されました。

今後のますますのご活躍を祈念申し上げます。


(一社)山形県臨床検査技師会

会長(代表理事)

居鶴一彦

posted by 山臨技レポート at 10:30| Comment(0) | 研修会レポート