2018年04月25日

霜止出苗


この時期は穀雨といい、百穀を潤す春雨の意味です。三日以上続く雨を「春霖」、降ったりやんだりを「春時雨」と呼びます。雨は穀物だけでなく草花を潤し育てます。農家では田おこしが始まりました。

北国では苗代はこれからですが、旧暦では「霜止出苗」です。人間も成長する良い時期でしょうか。

posted by 山臨技レポート at 11:19| Comment(0) | 研修会レポート