2018年05月14日

厚生労働大臣政務官意見交換会に出席しました

説明: 画像に含まれている可能性があるもの:10人、座ってる(複数の人)、室内説明: 画像に含まれている可能性があるもの:1人

 

平成30年5月12日(土)に開催された「厚生労働大臣政務官 大沼みずほ参議院議員との意見交換会」に出席いたしました。

大沼議員は厚生労働大臣政務官に就任後、初めて県内の医療、福祉関係団体との意見交換会であり、24団体から様々な要望や課題が述べられました。自民党の坂本幹事長はじめ県議議員も出席され、県で取り組むべき課題についても情報共有できたことは有意義でありました。ぜひ、このような機会を今後も継続していただき、出席したいと思います。

臨床検査技師会としては、臨床検査技師法の一部改正となったことでの共有基準範囲の県内導入についてや臨床検査技師の教育機関がない山形県で臨床検査技師の職域が拡大されていながら病院などの受け皿が少ない点について述べさせていただきました。

大沼議員は日臨技宮島会長とともに活動もされており、ゲノム医療の臨床検査技師の参画についても言及されておりました。

(写真は大沼議員ブログより転載)

posted by 山臨技レポート at 10:27| Comment(0) | 研修会レポート