2017年12月11日

H29年度 臨床血液部門研修会

昨年に引き続き、鏡検実習を行った。今年は新しい試みで、初心者・初級者グループと中級者以上のグループに分かれ、初心者・初級者は血液疾患の症例で末梢血液像を中心に鏡検し、中級者は白血病などの血液疾患の症例で末梢血および骨髄像の鏡検を行った。
血液1.png
今回のテーマは「観て・聴いて・話そう」であり、最初はじっくり観察し、その後は部門員が説明を加えながら鏡検してもらい、質問などのやり取りをしながらの実習であった。会話が飛び交い、有意義な実習ができたのではないかと思う。
血液2.png
血液3.png

講演も昨年に引き続き、山形大学医学部の石澤賢一先生にお願いし「血液領域における新規薬剤導入の影響-最近の症例と話題-」と題してご講演していただいた。珍しい症例の提示や、発売が予定されている多発性骨髄腫の薬剤の投与により、直接・間接クームス試験が陽性になったり、ホジキンリンパ腫の治療薬であるPD―1抗体の副作用として、1/4の頻度で甲状腺などの内分泌異常を呈するなど、私たち検査技師にとって知っておかなければならない最新の情報をとても分かりやすく教えていただいた。石澤先生のご講演はいつまでも聴いていたい感覚になる。参加者からも大絶賛であり、あっという間の1時間であった。とても充実した研修会であったと思う。
posted by 山臨技レポート at 15:57| Comment(0) | 研修会レポート

山形県精度管理報告会

P_20171203_144112.jpg

123日(日)平成29年度山形県臨床検査技師会 精度管理報告会(山形県立中央病院講堂)が開催されました。7部門10分野について、各施設、各項目についての報告がなされました。

概ね、良好な成績となっていますが、施設間差があるものについては部門研修会などでの是正検討が必要です。

 平成296月に医療法・臨床検査法の一部改正が行われました。「医療機関等の中で検体検査を行う場合の施設の構造施設等並びに精度の確保の方法等に関する基準の創設、衛生検査所等において行われる検体検査の精度に関する基準の明確化の措置の他、検体検査を包括規定し、詳細な分類は厚生労働省に委任すること」が規定されました。平成3012月までに施設の基準を整えなくてはなりません。


検体検査は臨床検査技師が行うことが法的地位が実現し、ゲノム情報を用いた医療等においても臨床検査技師の重要性が示されています。

 我々は日々の品質・精度管理をさらに充実させ、また生理検査分野においてもガイドライン等に留意した精度保証が検討されており、精度管理を充実していかなければなりません。

日臨技の精度保証認証の施設にまだ登録されていない施設は、早急に登録を検討することをおすすめいたします。



posted by 山臨技レポート at 09:59| Comment(0) | 研修会レポート

2017年11月30日

秋の叙勲 渡辺俊夫氏


このたび、元山形大学医学部附属病院検査部技師長 渡辺俊夫氏が瑞宝双光章を受章されました。誠におめでとうございます。

渡辺氏は1978年に山形大学医学部附属病院検査部に入職されてから20173月に退職されるまで大学病院一筋に検査業務に邁進されてきました。また、山形県臨床検査技師会では、理事、精度管理委員長として尽力されました。


受章のお祝いとともに、今後のますますのご活躍を祈念いたします。


山臨技会長  居鶴

posted by 山臨技レポート at 15:06| Comment(0) | 研修会レポート

2017年11月24日

認知症対応力向上講習会B

DSCN0066.jpgDSCN0062.jpgDSCN0087.jpgDSCN0097.jpgDSCN0075.jpgDSCN0090.jpgDSCN0098.jpg

1118-19日、認知症対応力講習会Bが開催されました。他県からの受講希望者問い合わせもありましたが、日臨技からの受講者制限により山臨技会員受講者15名と少数精鋭となっています。

 今回の講習会は、増えゆく認知症患者への対策(新オレンジプラン)として、さまざまな医療職種、自治体が対応力を向上させるための事業を展開している中で、臨床検査技師として認知症に

関わっていくことを目指した日臨技の事業(国家プロジェクトへの参画)として開催されました。

 認知症予防や早期発見に貢献できる神経心理学的検査のスクリーニング検査の実施法だけではなく、その評価判定のむずかしさや全体的な解釈の必要性、患者さんへの対応も学びました。

また、高齢運転免許保有者(75歳以上)には免許更新前には「認知機能検査」が必須となり、医師の診断が必要となり医療機関で診断書希望者が増加することが予想されます。臨床検査技師も

スクリーニング検査への関与がでてくるでしょう。

 ぜひ、多くの会員の講習会参加をお願いいたします。

企企画部


posted by 山臨技レポート at 09:59| Comment(0) | 研修会レポート

小雪


今日の村山地方は、「風花」ではなく、本格的な雪模様です。

いよいよ、本格的な雪の季節到来となりました。

この時期は、小雪(しょうせつ。こゆきではありません)といいます。

1123日勤労感謝の日は「新嘗祭」です。新酒、新米を天地の神様に

捧げます。おこぼれは既にいただいておりますが(o^^o





posted by 山臨技レポート at 09:26| Comment(0) | 研修会レポート

2017年11月10日

平成29年度生物化学分析部門研修会

掲載が遅れました。  佐藤さん申し訳ありません(汗)

9/30(土)に生物化学分析部門の研修会を行いました。
seikagaku0930-2.png
県外からの参加者を含め80人弱の参加がありました。なかなか東北の地では進展しない共用基準範囲ですが、皆様の関心の高さを痛感致しました。
seikagaku0930-3.png
講師の九州大学病院技師長の堀田先生も空港からの交通障害に会いながらも山形の地へお越しいただきました。
seikagaku0930-1.png
実際に共用基準範囲の設定に関わられてきた先生ですのでとても興味深いお話を多数聞くことができました。参加された方々が施設、地域等に広めてくだされば光栄です。
posted by 山臨技レポート at 10:54| Comment(0) | 研修会レポート